使用環境での試験

人間と自動車部品の力の相互作用は全て軸方向でも常に鉛直でもありません。鉛直で単軸のフレームを使う限り治具設計を工夫しないと、使用環境での試験が不可能になることがあります。消費者が最終製品を扱う方法で試験することが重要です。

課題

使用環境での試験

オートマチックまたはマニュアルのトランスミッションの動かし方は、純粋に直線的な動きではありません。ギアを操作するとき、ギアシフトレバーは円弧状に動きます。この試験を直線的な単軸システムで実施しなければならない場合、複雑な治具デザインが必要になりギアシフトレバーを治具の側面に設置しなければならず実使用条件を模擬することはできません。

インストロンのソリューション

使用環境での試験

電動アクチュエータは柔軟性のあるユニット式試験機なので、試験方法の規格に適合するように容易に導入設置できます。固定方法に柔軟性があるので完成品の使用方法を再現できるようアクチュエータをどの角度でも設置することが可能です。アクチュエータが軸に設置され、シフトレバーが動くとき、アクチュエータは円弧状に旋回運動をすることができます。

ブレーキ

課題

使用環境での試験

自動車のブレーキを作動させるのは、純粋な鉛直運動ではありません。ドライバーは一定の角度でブレーキに足を置き、その角度で押し下げます。自動車のブレーキとペダルを、標準的な万能試験機フレームで試験することは不可能に近いでしょう。

インストロンのソリューション

使用環境での試験

 

電動アクチュエータは試験片、試験規格に適合するように容易に導入設置できる柔軟性のあるユニット式試験機です。設置に柔軟性があるので完成品の実際の使用方法を再現できるよう、アクチュエータをどの角度でも設置することが可能です。電動アクチュエータは車内に導入された装備に設置することができ、人がペダルを踏みつけるときの脚/足のように動作させることができます。

 


さらに詳しい自動車のソリューションはこちらから