フックの法則

(英語:Hooke's Law)

フックの法則とは、応力とひずみが比例関係にあるという法則のこと。フックの法則は完全な弾性挙動を前提としている。塑性や動的損失は考慮されていない。