破壊荷重(衝撃試験)

英語:Load at Failure - Impact)

「破壊荷重」とは破壊点における力であり、これは、主要な変形およびエネルギー吸収後に荷重が急激に低下する点における力の値である。「破壊荷重」は、通常薄膜形状の試験片(ISO 7765-2: 1994参照)に適用される。破壊点以降では、試験片は実質的に強さと弾性を失って引裂かれる。