ネッキング/くびれ

(英語:Necking)

ネッキング(またはくびれ)とは、引張荷重を受ける試験片の断面積の局部的な減少のこと。公称応力を計算する際には無視されるが、真応力を計算する際には考慮される。