圧力変換器

(英語:Pressure Transducer)

「圧力変換器」とは、圧力を電気信号に変換する装置である。従って、「圧力変換器」は測定センサーとして用いられる。

メルト「圧力変換器」は、例えば溶融プラスチックなど加熱された流体の圧力を測定するために設計されている。この変換器は、押出機のような加工機械において用いられるが、キャピラリーレオメーターのようなラボにおける装置にも用いられ、この場合には試験時の主要な生データ(クロスヘッドあるいはピストンでの荷重センサーよりも多くの場合正確なデータ)が提供される。通常の圧力範囲は、最大200 MPa(2,000バールあるいは30,000 psi)であるが、予想される作動範囲に合うよう、精度の高いさまざまなレンジの装置が市販されている。