応力緩和

(英語:Stress Relaxation)

一定温度で長時間にわたり一定のひずみを呈している材料において、応力が減少すること。応力緩和の挙動は、クリープ試験で測定される。多くの場合、データは時間に対する応力の形式でプロットされる。曲線の任意の点での傾きを応力緩和率と呼ぶ。