応力ひずみ比

(英語:Stress-Strain Ratio)

応力ひずみ比とは、任意の荷重におけるひずみまたは任意の変形におけるひずみで、応力を割った値のこと。材料の弾性限度以下の領域では、接線弾性係数に等しい。セカント弾性係数と同意語。