降伏強度

(英語:Yield Strength)

降伏強度とは、塑性変形を起こさずに、材料に生じさせることのできる最大応力のこと。材料が指定の永久ひずみを呈するところの応力であり、弾性限度の実際的な近似値である。オフセット耐力は応力-ひずみ線図から求められる。応力-ひずみ曲線と、その曲線中の直線部分に平行で指定のひずみ量だけオフセットされた直線との交点に相当する応力。金属の場合、オフセット量は通常0.2%と指定されている。従って、オフセットされた直線は、ひずみ0.2%のところで応力ゼロの軸と交差する。プラスチックの場合、オフセット量は通常2%とされている。