対衝撃性は、部品設計者が考慮すべきなかでも特に重要な特性であると同時に、定量化することがもっとも難しい特性です。対衝撃性は耐用年数を測る重要な基準の1つであり、また製品の安全性と法的責任に関与します。インストロンは、実際の衝撃条件をシミュレートする衝撃試験システムの設計について80年を超える経験を有しています。

CEAST 9350 Drop Towers with Standard and Optional Features


落錘式試験機

CEAST9000シリーズは、原材料から完成製品の衝撃特性を測定するために設計されています。


より多くの情報

MPX Motorized Impact Tester and CEAST 9050 Impact Pendulum


振子式試験機

インストロンの振子式衝撃試験機は、広範囲にわたる材料の高精度で再現性の高い衝撃試験への高まる要求に適合するよう設計されています。


より多くの情報