恒温槽

一定温度環境下での試験用

万能材料試験機・ElectroPuls・油圧サーボ試験システム用の恒温槽

静的/動的試験機に対応した3119-600シリーズ恒温槽は、材料特性評価のための広範な温度環境を提供します。恒温槽は、幅広い規格寸法を取り揃えており、試験機に固定したり、ローラーブラケットに取り付けることができます。また、必要に応じて、カスタムマウンティングを使用した試験機のその他特注品にも取り付けることができます。さらに、お客様のアプリケーションが当社の標準的な恒温槽やグリップ、治具の仕様から外れていても、完全なソリューションを提供することができます。


見積もり依頼


低温での材料試験


動作原理

インストロンの恒温槽は、熱風または冷風が試験片、グリップの周囲を循環し強制的に対流する仕組みを採用しています。また延長ロッドを使用した時も、最適な加熱/冷却速度、および良好な温度安定性を提供します。恒温槽の裏側から空気を取り入れ、外装パネルと断熱材の間のスペースを通って、槽前面の左右から排出されます。これにより、恒温槽の筐体面を冷やすことができます。選択可能な送風速度は、恒温槽内の気流の乱れの影響を低減でき、繊細な試験片であっても試験することが可能です。

特徴とメリット

  • プログラム機能(8セグメント)、USBインターフェース、アナログアウトプットなどのアドバンス機能
  • 取り外し可能なウエッジポートは、伸び計のケーブル類と延長ロッドが干渉し合うことなく、迅速かつ容易なロードストリングのセットアップができるよう設計されています。
  • 専用の冷媒排出口を使用することにより安全な排出ができます。
  • 低温試験の際に霜や曇りを最小限に抑えるための、2つのウインドウヒーターを備えた三層ガラス構造の観察窓
  • オートチューニング付きPID温度コントローラーは、様々な試験要件の範囲を網羅するシンプルさと柔軟性を兼ね備えています。
  • 選択可能な低ファン速度は、気流を減少させることによって、低荷重試験時の繊細な試験片での試験を向上します。
  • 水冷グリップ用インターロックスイッチは冷却水の流れが遮られると恒温槽を停止させます。
恒温槽図面


 




加熱と冷却

ヒーターに空気を通過させることによって加熱されます。シリーズの恒温槽すべてに加熱機能が標準装備されています。冷却は、オプションの冷却弁を経由して、液化窒素もしくは液化炭素ガス(LCO2またはLN2)を恒温槽内へ噴射し行います。極低温ガスは通常、シリンダー(液体CO2)または自己加圧型デュワー(液体N2)に貯蔵されます。排気は、シリコーンゴムパイプを取り付け、槽外に排出することができる専用ポートが槽の後部にあります。

ファン




インストロン5960シリーズ卓上型モデルと恒温槽




試験片の取り扱い

試験片の取り付けは、右開きガラス窓付き扉より行います。必要に応じ、槽内を明瞭に見るための内部照明を点灯することもできます。また扉が開くと、自動的に加熱、冷却、ファンを停止し、オペレータに温風/冷気が届かないようにします。





 




温度コントロール

恒温槽に取り付けられたEurotherm3208温度制御装置を使用して、ご希望の設定温度を選択します。温度は、恒温槽内のタイプN熱電対によってモニターおよび制御がされます。コントローラーは、定められた加熱速度と保持時間(8セグメント)でプログラムでき、同様にUSB経由でインストロンソフトウェアと通信できます。また、データロガーのような他のデバイスを用いるために、0~10Vのアナログ出力もあります。

温度コントローラーオプション














標準型恒温槽


6800シリーズ万能材料試験機と恒温槽

卓上型システム用恒温槽
カタログ番号 温度範囲  室温範囲以下の温度の場合に必要な冷却オプション 内部寸法  奥行x幅x高さ 外部寸法  幅×高さ
3119-605 -100 °C~350 °C
230 x 240 x 485 mm 350 x 635 mm
3119-606 -100 °C~350 °C
230 x 240 x 560 mm 350 x 710 mm
3119-609 -100 °C~350 °C
230 x 240 x 660 mm 350 x 810 mm
3119-615 -100 °C~350 °C
230 x 240 x 860 mm 350 x 1010 mm



5980シリーズ万能材料試験機と恒温槽

床置き型システム用恒温槽
カタログ番号 温度範囲  室温範囲以下の温度の場合に必要な冷却オプション 内部寸法  奥行x幅x高さ 外部寸法  幅×高さ
3119-607 -150 °C~350 °C
400 x 400 x 560 mm 550 x 710 mm
3119-608 -150 °C~600 °C
400 x 400 x 560 mm 550 x 710 mm
3119-610 -150 °C~350 °C
400 x 400 x 660 mm 550 x 810 mm
3119-616 -80 °C~350 °C
400 x 400 x 900 mm 550 x 1050 mm
3119-617 -80 °C~350 °C
400 x 400 x 660 mm 550 x 910 mm
3119-618 -80 °C~350 °C
400 x 400 x 860 mm 550 x 1050 mm













5900 シリーズマルチステーション試験機と恒温槽
特注恒温槽

標準の恒温槽を超える機能が必要な試験アプリケーションには、エンジニアソリューショングループが、グリップや治具に合わせた高さ拡張型または幅拡張型恒温槽の他、より高い温度範囲を持つ恒温槽、特注のロードストリング部品など、お客様のご要望に合った特別な恒温槽を設計することが可能です。




お問合せフォーム