TORSION ADD-ON 2.0

軸方向のみの試験機を二軸試験システムに変換することができます。


Torsion Add-On 2.0は、シンプルな軸方向とねじり試験を1台で行えるよう設計されているため、試験室の能力を向上させます。製品開発能力を拡張し、実使用下のアプリケーションをシミュレートすることができます。ISO11040-4、ISO80369、ASTMF543などの多くの国際試験規格では、軸方向とねじり方向の両方の制御が必要とされており、必要な機能を1台に集約し、試験工程を合理化することが可能です。さまざまな消費者製品、パッケージ製品、メディカル製品、電子機器、自動車コンポーネントの性能を試験するのに最適です。


見積もり依頼





Torsion Add-on ルアーロック試験



製品の実使用環境をシミュレートします

機能試験は、お客様の製品の実使用環境をシミュレートすることに関するすべてです。一般的に医薬製品、食品、化粧品等の消費者向け製品向けパッケージは、簡単な多軸荷重がかけられる設計が多く採用されています。一般消費者向けに、一貫した品質を保つことは、製品寿命の長期化と成功にとって極めて重要な要素です。
 

医療製品パッケージのねじり試験



製品の開発スピード強化
 

医療製品や電子業界で新製品を開発する際には、二軸荷重での耐久性確保が重要とされています。多くの企業は、軸方向のみとねじり方向のみの試験を切り離しています。しかし、両方の試験方法や試験室を組み合わせることで、全試験時間を減少し、製品の開発工程を速度化することができます。
 

ねじり付加付シングルコラム卓上型モデル



試験室のベンチトップ空間を開放します

ベンチトップ空間は多くの試験室にとって貴重な不動産であり、別々の試験機上で軸方向だけとねじりだけの試験を行うよりも、従来の軸方向だけの試験機にねじり能力を加えることで空間を解放することができます。
 
 
 





医療製品パッケージのねじり試験

Ver2.0の新しい機能は?

  • 新しいハードウェアは、テストプロファイラ機能を搭載したBluehill® Universal ソフトウェアで制御され、簡単なメソッド開発を可能とし、軸方向およびねじり駆動をより直感的に操作することができます。さらに、計算には力、トルク、変位、回転測定が組み込まれるようになりました。
  • すっきりとしたコンパクトな設計で、従来モデルもさらに省スペース化されております!

仕様

  • 最大トルク容量: ±20Nm
  • 角度分解能: 0.001º
  • 最大角速度: 60回転
  • 電気的要件: 単相、47/63Hz、120または220VAC
  • 動作温度:+50~100ºFまたは+10~38ºC
  • 新システムの購入時、または既存の5940、5960、68SC、または68TMシステムに追加可能

詳細仕様を閲覧する



一般的なアプリケーション




ルアーロックの接続部

ルアーロック接続部は、漏れのない確実な接続を確保するために、医療製品上で普遍的に使用されており、厳格な要件を満たすための試験に使用されています。ISO80369は、これらのデバイスの機能性を適切に試験するための手順を示しており、ルアーロック接続部の特性を明らかにする二軸試験を要求しています。このTorsion Add-onは、これらの試験の実施に最適で、試験のすべての付属書類に記載されている要件を満たすことができます。
 



医療製品・消費者製品のパッケージ

パッケージは、消費者にとっては製品を手に取るための第一のきっかけであり、大きな印象を与えます。パッケージの特性を正確に把握し試験することは、パッケージの安全性と開封の容易さの両面で一貫性を確保することができ、極めて重要です。パッケージのほとんどが、ASTMD7860に従って試験された医薬品用ボトルを含み、同時に軸方向とねじり力を適切に試験することを要求されています。このTorsion Add-Onは、高品質のパッケージを開発するためのより現実的な試験を提供することができます。
 







骨ネジ

骨ネジはインプラント、骨接合機器、または骨プレートを骨格システムに固定するための外科手術で使用されます。通常の臨床使用では、外科医は、人体に埋め込む際に、骨ねじに軸方向とねじり方向を組み合わせた力を加えます。このTorsion Add-Onは、ASTMF543に準拠した骨ネジを試験を行い機械的特性を決定付け、新設計および材料を評価することができます。
 

医療用チューブ


医療用チューブ

医療用チューブはさまざまなアプリケーションや手順で使用されています。動脈腔、チューブ、ガイドワイヤーの複雑な経路を通過するナビゲーションでは、動脈壁に押しつける軸方向とねじり方向の両方の力が発生します。このTorsion Add-Onを使用して、これらの製品の二軸特性を評価し、処置中に失敗により、患者へ危害を及ぼす可能性を排除します。
 
 







フレキシブルプリント基板

プリント基板は、多くの製品で利用され、需要が伸びるにつれて、試験の必要性が高まっています。二軸試験を行うことにより、メーカーは製品内部の回路が堅牢であり、長期間の使用にも耐えられるかどうか確認することができます。Torsion Add-Onは、基板の耐久性評価のための、試験手順の迅速な開発に役立ちます。
 

ボタンとスイッチ


ボタンとスイッチ

多くの製品は、ボタンやスイッチを採用しており、それは集中的な開発を経る必要があります。スイッチやボタンの適切なフィードバック特性を得るには、機械的試験が用いられ、これによりユーザー体験を最適化することができます。Torsion Add-Onは、実使用環境をシミュレートするための試験を実行するように簡単にプログラムすることができます。
 





お問合せフォーム