データの整合性コース

データの整合性コースでは、データの誤りについて一般的なデータ整合性の問題を診断し、 潜在的な原因を理解し、誤りをすばやく解決する方法を会得します。このコースは、経験の 浅いオペレータから豊富なオペレータまで、試験室の技術者、エンジニアや材料試験を行う 方ならどなたにも適しています。

コース内容

  • 物理的測定 (ロードセル / 伸び計)
  • 試験治具
  • アライメント (試験片とシステム)
  • アプリケーションの不適合
  • 試験メソッド
  • 温度と湿度
  • 試験制御の不適合
  • 外来の要因によるもの(振動)
  • 良くあるオペレータの試験手順のミス

その他のトピック:

  • 試験規格の適切な解釈 (ASTM / ISO)
  • 予期できない試験機の動作
  • エラーを未然に防ぐ
  • 装置の予防保守点検

概要

コースの目的

本コース終了後、一般的なデータ整合性に関係する原因理解の知識習得し、誤りの適切な対処方法を理解する。

コースの詳細

参加条件:
  • 一般的な材料試験の原理と装置の知識
  • 材料試験トレーニングコースの受講経験(オンサイトまたはオンライン) を推奨しますが、必須ではありません。
所要時間: 約 1 時間
決済方法: Paypal、 各種クレジットカード
コース PDF: ダウンロード
コース の概要: ダウンロード

 

コースを開始する

 

ご不明点がございましたら、お気軽にインストロンまで お問合せください。

ご注意: インストロンのeLearning コースは 個人ユーザ様向けとなっております。コースはお申込み者の方に限りご購入後、90日間の間に完了いただく必要がございます。

* eLearning ポータルでは、Firefox と Chrome が推奨されている ブラウザーとなります。
**eLearning ポータルサイトでは、各種クレジットカードの他、 PayPalでの決済をご利用いただけます。